買い手を見つける

建ち並ぶ家と街並み

東京にある中古マンションを売却るする場合、知っておいた方がいいこととは何でしょうか。中古マンションを売る時には価格を重視するか、期間を重視するかを明確にしておいた方が良いでしょう。通常、中古マンションを売る場合は、できるだけ短期間にできるだけ高く売りたいと思うのが売主の本音です。いつまでも中古マンションが売れないとその管理費もバカにならないからです。 ですが、短期間で売るのであれば価格を安くしないといけませんし、高く売るのであれば、期間は長めに設定をしておかなければならないのです。これは婚活と同じです。理想が高ければ相手が来るのを長く待たないといけませんが、長く待つと自分を安売りしなければならなくなるのです。逆にできるだけ早く相手を見つけたければ、相手に対する条件を下げることです。

東京で中古マンションを売却する場合、東京という場所柄すぐに売れそうですが、東京だからと行ってすぐに売れるわけではません。それは、中古マンションが売られている一方で新築マンションもいまだにたくさん売られているからです。特に日本人は中古を好まず少し価格が高くてもいいので、新しいものを手に入れようとするため、中古マンションは不利なのです。 そこで、中古マンションをリノベーションするという方法があります。過去にはリノベーションをすることで高値で売却をしたという成功例がたくさんありますが、それはうまくいったときの話です。リノベーションをして多少高値で売れてもリノベーションの価格に見合わないわずかの上昇だけかもしれないのです。できれば、住む人にリノベーションは任せたほうがいいのです。